人形の島久 糸づくり、染色
江戸技法のお雛様
能装束で作るお雛様
日本のシルクでの物作り
貴重な絹糸のお雛様
五月人形
羽子板、破魔弓、市松人形、等
人形の島久概要
お問い合せ、ご注文
 島久では、独特の美しい人形づくりのため、オリジナルの糸づくり・染色等をしています。
 絹の美しさは生命体の輝きです。
 消えつつある日本の養蚕を支える方々の協力を得て自然の恵みを美しい糸、色へとつくり上げていきます。
 農家の方々が大切に育ててくれたおカイコさんが島久の絹衣装へと変身します。
 また、田島自らも蚕の成育に携わり、美しい絹糸を追い求めています。
 今では貴重となった「ざくり」なども用いて糸づくりをしています。
桑摘み

お蚕と繭
繭の選定
碓氷製糸農業協同組合
島久の人形の生地が美しいのは昔ながらの「上州ざぐり」で糸づくりをしているからです。
 糸づくりが終わると染色をします。
 美しい色合いを出す化学染料のほか、素朴な風合いを大切にした藍染めや、正倉院御物の復元などにも使われる、貴重な紫根や茜などの天然染料を使って糸を染め上げています。
戻る
電話:027(224)2335  メール:info@shimakyu.info
Copyright (C) 2005 Ningyo-no SHIMAKYU
群馬県指定、伝統工芸品、伝統工芸士