人形の島久 能装束で作るお雛様
江戸技法のお雛様
能装束で作るお雛様
日本のシルクでの物作り
貴重な絹糸のお雛様
五月人形
羽子板、破魔弓、市松人形、等
人形の島久概要
お問い合せ、ご注文

 世界で初めての江戸時代能装束復原裂地のお雛様。
 世界のあらゆる織物の中で「最高峰」といわれるのが、日本の能装束です。
 美術館のガラス越しに鑑賞するのではなく、身近に置いて楽しんでいただけるよう、本物の能装束の生地でお雛様を作りました。
 京都在住、能装束研究家の山口 憲さんと御縁をいただき、原材料、色、組織、織技術、紋様すべてに贅を尽くした、島久だけのお雛様が完成いたしました。

雪雛

花雛

又昔(またむかし)

 江戸時代の原種のお蚕を明治以降、初めて現代に復原し、生産した糸を能装束の第一人者、山口憲氏に織っていただいた貴重な織物です。

■山口 憲
1948年生まれ。
1984年 山口能装束研究所設立
1972〜89年 江戸期能装束1000領調査研究
1990年 民族衣装文化普及協会きもの文化賞受賞
1991年 毎日郷土提言賞受賞
1993年〜 国内「華麗なる能装束」展。欧州・米国「能装束の世界」展巡回
1995年 (財)日本文化芸術財団 日本文化芸術振興賞受賞
2004年 江戸期能装束500領復原
2004年 外務大臣表彰受賞・銀杯受賞
京都市左京区在住。能装束研究家・浅井能楽資料館館長

絹糸の品質を見る山口氏と島久 田島。

電話:027(224)2335  メール:info@shimakyu.info
Copyright (C) 2005 Ningyo-no SHIMAKYU
群馬県指定、伝統工芸品、伝統工芸士